Japan - Vietnam Industrial Directory

 
   
【I-GLOCAL】 ◆2017年のベトナム繊維の輸出金額は約310億USDに到達◆韓国首位のコンビニエンスストアG25社は10年間で2,500店舗を計画◆ハノイ中心部賃貸オフィスの供給...
2017年のベトナム繊維の輸出金額は約310億USDに達し、 前年同期比10%増加した。主な輸出市場(アメリカ、日本、ヨーロッパ、韓国)への 輸出を続けるとともに、他の市場(中国、カンボジア、ロシア)への拡大が期待されている。 (2018年1月2日、dangcongsan) 2018年1月3日、Thai Binh省人民委員会は、Thai Binh省経済区設置に関するベ トナム首相決定及びThai Binh省経済区管理委員会の設立を公布した。 (2018年1月4日、dangcongsan) 韓国コンビニ大手のGS25は、2018年1月19日にホーチミンで 1号店を開業する予定である。2年間のうちにハノイ市場に拡大、 10年間で2.500店を目指している。 (2018年1月3日、cafebiz.vn) ベトナム飲食チェーンのWrap & Roll社は上海で最初のフランチャイズ店舗を開始した。 上海の店舗は外国で6番目のフランチャイズ店舗となる。 フランチャイズを通じて、当社は外国での店舗拡大を期待している。 (2018年1月2日、thesaigontimes) 統計局の報告によると、2017年ベトナム市場の小売売上高は 約1,295億6千万USDに達し、前年同期比で10.9%増加した。 ベトナムの小売市場は安定成長を継続しており、 外国小売業者にとってはチャンスとなっている。 (2018年1月3日、thesaigontimes) Savills Viet Namの統計によると、ハノイ中心部の賃貸オフィスビルの需要が 増加している。そのため、ハノイの賃貸オフィスは不足する可能性がある。 過去2年間でオフィス入居率は上昇し続け、2017年第4四半期の入居率は 94%に達した。中心地域における入居率は97%となっている。 一方、2018年第1四半期に中心地域でのオフィスビルの 新規建設プロジェクトは実施されない見通しである。 (2018年1月3日、thesaigontimes) 1月11日~1月14日、ホーチミン市観光省と観光協会はLe Van Tam公園 の1区で第12回国際料理フェスティバルを開催した。 100ブースを設置し、イタリア、タイ等の企業が参加した。 (2018年1月6日、dangcongsan) 1月6日、Digiworldは、ホーチミン市のCrenscent Mallショッピングセンター 内で、 Xiaomi製品を販売するMi Storeをオープンした。Digiworldの代表者によると、 2018年の間にベトナムの15都市でMi Storeをオープンさせる予定である。 (2018年1月6日、cafebiz) 1月6日、交通運輸省は北部の高速道路3号線のMai Dich・Nam Thang Long間の陸橋化プロジェクト を開始した。当プロジェクトの投資金額は約5兆3,000億VNDに達する。 (2018年1月6日、dangcongsan) このニュースの続きを見る≫
2018年01月08日
I-GLOCAL