会社名
キーワード
 
二輪・自動車部品(63)
電子・電気部品製造(88)
金型設計・製作(63)
金型材料・部品(16)
鍛造、鋳造(ダイカスト)(34)
プレス、板金部品(53)
バネ・ネジ・工業用ファスナー(45)
機械加工(133)
鋼材加工(201)
プラスチック射出成形(132)
プラスチック押出し成形(50)
ゴム成形(43)
表面処理: 熱処理、めっき(62)
塗装、塗料(26)
印刷、ラベル印刷(20)
紙袋・パッケージ、梱包資材(150)
化学、工業用ガス・油(54)
樹脂・ゴム材料(51)
工具、治具(53)
精密機器、測定器(27)
品質管理、ものづくり改善(6)
商社
・ 電子・電気商社(49)
・ 機械・工具商社(232)
・ 鉄鋼・非鉄金属商社(70)
・ その他商社(160)
設備
・ 工場設備(108)
・ 生産設備、工作機械(101)
・ F.A関連(31)
・ 建機・重機関連(18)
・ 環境・省エネ、水処理(37)
建設・建築関連、資材(80)
中古(機械・設備・車両)(3)
工業団地(67)
物流、フォワーダー、マテハン機器(22)
オフィス・サービスオフィス(68)
アパート・サービスアパート(48)
リース・レンタル全般(4)
IT・設計・開発(27)
コンサルタント・法律・会計(20)
通訳・翻訳、人材紹介(5)
縫製・アパレル産業(106)
家具、合板、木材(26)
手工芸、陶器 ・グラス(26)
食料品(30)
サービス(17)
その他(17)
 
工業団地別に選択
地域別に選択
国別に選択
 
 
 
 
6 件  
【I-GLOCAL】 ◆ Japan Postが郵便網の拡大を目指し、VN Postとコンサルティング契約締結を検討◆H.I.SグループがKhanh Hoa省Cam Ranh市のホテル...
農業農村開発省(MARD)は2020年までに木材及び木製製品の輸出額が85億USDになることを目指している。実際に目標が達成されれば、2017年から7億‐9億USD増加することになる。
(2017年10月14日、thesaigontimes)

10月13日日本郵便(Japan Post)はベトナムにおける郵便網の拡大を目指し、ベトナム郵便(VN Post)からコンサルティングを受けることを検討している。
(2017年10月13日、dangcongsan)

税関総局によると、9月アメリカに対する輸出総額は36億2,000万USDである。今年9月までで310億USDに達し、昨年同期比で9.4%増加している。輸出総額のうち78%がアメリカに対するものである。
(2017年10月16日、thesaigontimes)

日本経済新聞社よると、H.I.Sグループの澤田秀雄氏はKhanh Hoa省Cam Ranh市でホテルとリゾートプロジェクトに参画する予定だと発表した。
(2017年10月16日、tuoitre)

10月16日Pha Rung社は2016年に締結した韓国BS Tanker社との契約に基づき、化学物質6,500tを輸送する船舶を初めて使用した。
(2017年10月16日、enternews)

税関総局によると、今年9月の輸出入総額は3,083億1,000万USDを超え、2016年同期比で 542億3,000万USD(21.3%増)となった。 2017年の9ヶ月間で貿易収支は 3億2,800万の黒字になった。
(2017年10月17日、nhipcaudautu)

【カンボジアのヘッドライン】

7. 環境省大臣Say Samal氏によれば、Devenco社・ Engie Glow社はコンポンチュナン州における10メガワット級の太陽光発電プロジェクトの投資に関する覚書に署名した。当プロジェクトの投資額は1200万USDで、建設面積は約10ヘクタールである。
(2017年11月12日、Post News)

農業水産省によれば、2017年年初から9ヶ月間のゴム輸出量は前年同期比33%増となった。現在栽培面積は約43万ヘクタールであり、そのうち収穫面積は約16万ヘクタールである。2017年度のゴム価格は前年期比58%増となる1,672 USD/トンである。
(2017年11月17 日、ThmeyThmey)

米国国際開発庁(USAID)は、Wash Finプロジェクトに対して300万USDを投じることを決定した。 当プロジェクトはカンボジアの農村部における水衛生設備の改善が目的であり、2018年から2020年の3年間に渡って実施される予定であるという。

このニュースの続きを見る≫
2017年10月19日
【I-GLOCAL】 ◆2017年Bac Ninh省が最も高い工業生産指数◆世界最大のインテリア業者IKEAがベトナムへの進出を計画◆Vietnam AirlinesとAir France..
商工省によると、2017年年初9ヶ月の輸出総額は1540億3千万USDに達し、FDI企業による輸出金額が72%を占めて、1108億6千万USDに達した。FDI企業の輸出金額の中でスマートフォン・電子部品の輸出金額は494億5千万USDに達した。
(2017年10月10日、thesaigontimes)

10月11日、Can Tho市がん病院の建設が開始された。投資資本金は1兆8千億USDに達し、ハンガリーの政府開発援助(ODA)が80%を占める。
(2017年10月11日、thesaigontimes)

世界最大のインテリア商品小売業者IKEA(スウェーデン)によると、同社は南アメリカ及び東南アジアにおいて事業を拡大することを計画している。東南アジアでは既にシンガポール、マレーシア、タイで運営をしているが、今後5年間でベトナム及びフィリピンで事業を行うことを計画している。
(2017年10月10日、nhipcaudautu)

TechcombankはTechcom Financeの株式を100%売却するための契約書及び関連資料に承認した。売却先はLotte Card社(Lotteグループ)である。契約が承認されれば、Lotte Card社はベトナムで最初の韓国系クレジットカード会社となる
(2017年10月11日、infomoney)

10月11日、山梨県知事の後藤斎氏は、観光や様々な農産物における強みをホーチミン市と連携する機会を模索するため、ホーチミン市人民委員会の副議長Le Thanh Liem氏と会見を行った。ベトナム人旅行者を誘致するために、山梨県の行政機関は県の特産物を紹介した。
(2017年10月11日、tuoitre)

10月11日に行われたホーチミン市投資進出会議において、2017年ホーチミン市は投資プロジェクト133件を誘致したと発表した。内訳としては、ホーチミン市によるプロジェクトが116件、国家プロジェクトが11件、Thu Thiem新都市プロジェクトが6件である。
 (2017年10月11日、hanoimoi)

Quang Ninh省によると、同省Dam Nha Mac工業区における港湾、倉庫、物流プロジェクトに関して、マレーシアの投資家が連携する機会を模索している。マレーシアのR&L Telecommunications社の代表Sze Eam Leong氏によると、倉庫及び物流サービスにおいて投資する計画である。
  (2017年10月9日、enternews)

10月10日、Vietnam Airlines 及び Air Franceはベトナム-フランス路線に関して合弁契約を締結した。両企業の合弁契約は2017年11月1日から開始される。合弁契約締結の目的は、Air Franceが運航するヨーロッパ50路線及びVietnam Airlinesが運航する国内21路線によって、顧客へ選択肢を増やすためである。
(2017年10月10日、thesaigontimes)

Bac Ninh省統計局によると、2017年年初9ヶ月で同省における総生産は97兆8810億VNDに達し、前年同期比15.9%増加した。同省の工業生産指数は前年同期比25.1%増加し、全国で最も高い地方となった。


このニュースの続きを見る≫
2017年10月16日
【I-GLOCAL】 ◆国内外の観光客数が増加◆ドンナイ省へのFDIが約9.56億USDに◆9区で科学技術パークが建設へ◆南北鉄道が冷凍コンテナの輸送サービス...
2017年の9ヶ月間において、国内外の観光客数が増加し、観光業の収入が急増した。具体的には海外への観光客数と国内の観光客数はそれぞれ940万人と5,790万人を超えた。観光業は近年、好調に推移しており、2017年の予想収益は220.1億USDである。予想通りとなれば、昨年比44.02億USD増、本年度の計画比17.6億USD増となる。
(2017年10月6日、thesaigontimes)

ベトナム労働輸出協会のデータによると、 2016年には126,296人が海外へ働きに出ている。そのうち3,938人は日本へ(015年比47.86%増)、8,442人は韓国へ(2015年比40.25%増)行っている。
(2017年10月4日、nhipcaudautu)

ドンナイ省の計画投資省によると、年初よりドンナイ省への外国直接投資(FDI)は約9.56億USDとなっている。そのうち登録総資本金は3.40億USD(55件の新規プロジェクト)、増資金は 6.16億1USD(約84件のプロジェクト)である。
(2017年10月9日、dangcongsan)

ベトナムとユーラシア経済共同体(EAEU)との間で自由貿易協定(FTA)が締結されて以来、水産物(6,250万USD、締結前比42%増)、 野菜や果物(2,120万USD、42%増)、織物(1.2億USD、87.5%増)、コンピュータや電子部品(0.8億米ドル、20%増)の輸出売上が高くなっている。
(2017年10月6日、baomoi)

これまでソフトウェアパークはQuang Trungの1つであったが、この度9区で科学技術パークが建設されることとなった。ホーチミン市で2番目に開発されるサイエンスパークで、約200haの面積を持ち、総投資額は約1.88億USDである。建設が完了すれば、パークは約15,000人が働ける職場となる。
(2017年10月9日、thanhnien)

SaiGon Newport Corporation及びRailways Corporation Vietnamが南北鉄道で冷凍コンテナを輸送するサービスを導入した。鉄道の輸送可能重量は900tであり、各列車には19個の冷凍コンテナが搭載される。主な目的は南部から北部へ、新鮮な果物を届けることと、北部から南部へ肥料や、設備、機械などを届けることである。
(2017年10月9日、thesaigontimes)


このニュースの続きを見る≫
2017年10月12日
【I-GLOCAL】 ◆2017年初から9ヶ月間でThua Thien Hue省における新規登録企業数は491社であった◆竹・籐製品の輸出はEU向けが大きな比重を占める◆アメリカ...
Dong Nai省人民委員会によると、2017年初から現在までの間で、同省は貿易黒字17億USDに達した。特に、靴、繊維、木製品等が高成長を維持している。
(2017年10月4日、dangcongsan)

2017年10月3日、ベトナムとマレーシア両国の農業活動と生産力向上のため、ベトナム農業農村開発省大臣Nguyen Xuan Cuong氏とマレーシアのプランテーション産業・商品省大臣Datuk Seri Mah Siew Keong氏は対談した。
(2017年10月4日、dangcongsan)

2017年の9ヶ月間、Thua Thien Hue省における新規登録企業数は491社、新規登録資本金額は4兆8千億VNDである。また、国内投資プロジェクトは50件、登録資本金額は5兆6710億VNDに達した。外国投資プロジェクトは貿易及び製造分野の3件が許可された。
(2017年10月4日、dangcongsan)

税関総局統計によると、2017年8月単月の竹・籐製品の輸出金額は231億USDに達し、7月単月に比べて16.5%増加した。2017年年初から8ヶ月間の輸出金額は1億7070万USDに達し、前年同期比で1.5%増加した。EU市場への輸出が35.5%を占めた。
(2017年10月1日、vinanet)

ベトナムGrabは、より利便性の高い旅行や出張での移動サービスを提供するため、シンガポール航空(SIA)との協力を表明した。東南アジア6ヶ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)において、空港への移動の利便性を高めるため、SIAとGrabはアプリケーションを統合する予定である。
(2017年10月5日、baodautu)

アメリカ農務省動植物検疫所(APHIS)は、ベトナムのスターアップル輸入許可に関する文書をベトナム農業農村開発省植物防衛局に送付した。ベトナムはアメリカへスターアップルを輸出する最初の国となった。
(2017年10月3日、vinanet)

【カンボジアのヘッドライン】

2017年10月6日、経済財務省の発表によれば、2010年から2017年まで7年間、同省は213件の住宅開発プロジェクトに対してライセンスを発行した。総投資額は約33億7500万USD である。この内、ボレイ(土地付き戸建て住宅)が132件・総戸数31,997戸、コンドミニアムが81件・29,612ユニットであった。
(2017年10月5日、Fresh news)

プノンペン経済特区の発表によれば、台湾系飼料企業ANT Technologies社は動物飼料工場を建設予定であり、投資総額は約750万USDである。同社は2017年9月にプノンペン経済特区との2.8ヘクタールの長期土地賃貸契約を締結した。当工場は2019年6月に建設完了予定であるとのこと。
(2017年10月6日、Postkhmer)

Sihanoukville Property社のセールスマネージャーNon Thim氏 によれば、現在シアヌークビルにおける不動産事業の65%は中華系企業が出資しており、主にカジノ・コンドミニアムおよびホテルへ投資されているとのこと。
(2017年10月5日、Kleykley)

このニュースの続きを見る≫
2017年10月09日
【I-GLOCAL】 ◆Saigon touristが新たにツアーを紹介◆GDPが著しく成長◆2017年において野菜・果実の輸出額が凡そ25億USDに◆ベトナム購買担当者指数(PMI)...
9月28日Saigon touristはホーチミン市とその周辺の観光地を活性化させることを目的として、川や運河を船で下るツアーを7つ紹介した。この度ホーチミン市に渡し場を開設することも発表した。
(2017年9月28日、thesaigontimes)

統計総局(計画投資省)によると、2017年9ヶ月のGDPは2016年同期比で6.41%増加した。具体的には第1四半期が5.15%、第2四半期が6.28%、第3四半期が7.46%増えている。2017年の目標は6.7%の成長であるため、第4四半期には7.31%増加する必要がある。
(2017年9月29日、vnexpress)

2017年1月から9月15日において、野菜・果実の輸出額は24億9,000万USDを超え、昨年同期比で46.7%増となった。ベトナムの野菜・果実は多くの国に輸出されている。1,000万USD規模の輸出先が14国ある。
(2017年9月26日、vneconomy)

2017年5月以降、ベトナム取引所は活性化している。買い手より売り手が多いのが一般的であるが、記録的な株式上昇が多数見られている。ここ9年間で最も高い株式指数の上昇率である。年始からVN-Index指数は11%となっており、2016年同期比で2倍増えた。
(2017年9月30日、nhipcaudautu)

2017年の8ヶ月において、新規プロジェクト登録金額は1,350万USD、増資プロジェクト登録金額は640万USD、そして株式取引金額は350万USDであった。2016年同期比で45.1%増加した。FDIの総額のうち不動産は5%を占め、工業、電気分野、二次電池分野、鉱業に次いで4番目に多い。
(2017年9月29日、nhipcaudautu)

10月2日における日本経済新聞社とMarkit社のレポートによると、ベトナムの購買担当者指数(PMI)はフィリピン(50.8)、インドネシア(50.4)、タイ(50.3)を抜き、ASEANで最も高かった。月々の経営状況が大幅に改善されているのはもちろんのこと、特に4月に目覚ましく改善された。22ヶ月にわたり、生産成長性が継続的に高まっている。
(2017年10月2日、nhipcaudautu)

【カンボジアのヘッドライン】

2017年10月2日、アジア開発銀行(ADB)は交通・輸送セクターを改善するため 7,000万USDの融資を承認したとのこと。当融資金はプレイベン州、シェムリアップ州、スヴァイリエン州の国道を改善するために利用されるとのこと。
(2017年10月3日、Fresh News)

2017年10月2日、シェムリアップ州の五つ星ホテルSokha Hotel and restaurantがグランドオープンした。客室数は1236室、スタッフ数は628人、2つのレストランが備わっているとのこと。
(2017年10月2日、Post News)

2017年10月28日、国内ブランドのPark Cafeは初となるフランチャイズを開始し、プノンペン国際空港においてフランチャイズ1号店が開店予定である。現在まで直営店が10店舗あり、今後はフランチャイズを拡大していくとのことである。
(2017年9月29日、Rasmeinews)

このニュースの続きを見る≫
2017年10月05日
【I-GLOCAL】 ◆ベトナムの国際競争力は上昇◆VinamilkはHansenグループと協力◆Ha Tinh省Vung Ang経済区におけるPhoenix埠頭の建設...
2017年9月26日、FedEx Trade Networks(アメリカFedExグループ)はホーチミン市のTan Binh区における開業について情報交換を行った。2019年にベトナムの貨物輸送市場規模は14億USDに達する見込みである。ベトナムにおいて開業する目的は、貨物輸送市場における投資機会を模索するためである。
(2017年9月27日、baodautu)

農業農村開発省の予測によると、2017年通年のベトナム産の野菜・果物の輸出額は2017年年初の目標(30億USD)を越える見通しである。そのうち、ベトナムのバナナは競争の厳しい市場でも善戦している。過去2年間、Huy Long An社は日本、アラブ首長国連邦へバナナを輸出している。
(2017年9月27日、baodautu)

世界経済フォーラム(WEF)の2017~2018年国際競争力レポートによると、国際競争力ランキングにおいてベトナムは55位で、前年比5ポイント、2012年比20ポイント上昇した。
(2017年9月27日、thesaigontimes)

2017年9月21日、Vinamilk株式会社及びChr. Hansenグループ(デンマーク)は「Vinamilk商品への高度なプロバイオティクス応用」に関する共同戦略契約を締結した。
(2017年9月27日、baodautu)

VISAカードのベトナム・カンボジア・ラオス地区担当役員Sean Preston氏によると、2017年年初から6ヶ月間における電子決済取引額は、前年同期比38%増加した。ベトナムの消費者が現金に代わる新しい決済方法を試しつつあることがわかる。
(2017年9月27日、thesaigontimes)

2017年9月27日、Ha Tinh省Vung Ang経済区において、シンガポールFreight Links Capitalが出資するPhoenix Vung Ang港湾有限会社は、Phoenix埠頭の着工式を行った。投資資本金は2兆1,000億VNDに達した。
(2017年9月28日、baodautu)

【カンボジアのヘッドライン】

不動産サイト運営会社Realestate.com.kh社は2017年10月6から7日にかけて、第二回の国際不動産展示会を開催する予定であるとのこと。当展示会はNagaWorld Hotelにて開催され、国内外の不動産関連企業約30社が参加し、5000人の参加者を見込んでいるとのこと。
(2017年9月29日、Rasmeinews)

カンボジア最大のコメ輸出企業 Amru rice 社とオランダ開発機構(SNV)はカンボジアでの小規模農業セクターでの競争力をさらに高めるため、パートナーシップを締結し、コンポントムにおいて農産品倉庫を建設予定である。当農産品倉庫の投資額は約60万USDであり、5000トンの農産品の備蓄が可能である。
(2017年9月27日、Thmeythmey)

農業水産省によれば、2017年年初から8ヶ月間のゴムの輸出量は約10万トン、前年同期比約34%増となった。輸出金額は同57%増の166百万USDである。主な輸出先、ベトナム・マレーシア・シンガポールおよび中国であるとのこと。
(2017年9月26日、Freshnewsasia) 


このニュースの続きを見る≫
2017年10月02日
 
 
 
ユーザー名
パスワード