会社名
キーワード
 
二輪・自動車部品(62)
電子・電気部品製造(85)
金型設計・製作(63)
金型材料・部品(15)
鍛造、鋳造(ダイカスト)(33)
プレス、板金部品(52)
バネ・ネジ・工業用ファスナー(45)
機械加工(132)
鋼材加工(200)
プラスチック射出成形(132)
プラスチック押出し成形(35)
ゴム成形(43)
表面処理: 熱処理、めっき(61)
塗装、塗料(26)
印刷、ラベル印刷(20)
紙袋・パッケージ、梱包資材(142)
化学、工業用ガス・油(54)
樹脂・ゴム材料(44)
工具、治具(52)
精密機器、測定器(26)
品質管理、ものづくり改善(5)
商社
・ 電子・電気商社(48)
・ 機械・工具商社(227)
・ 鉄鋼・非鉄金属商社(67)
・ その他商社(153)
設備
・ 工場設備(104)
・ 生産設備、工作機械(97)
・ F.A関連(31)
・ 建機・重機関連(17)
・ 環境・省エネ、水処理(37)
建設・建築関連、資材(71)
中古(機械・設備・車両)(3)
工業団地(67)
物流、フォワーダー、マテハン機器(20)
オフィス・サービスオフィス(68)
アパート・サービスアパート(48)
リース・レンタル全般(4)
IT・設計・開発(24)
コンサルタント・法律・会計(18)
通訳・翻訳、人材紹介(5)
縫製・アパレル産業(104)
家具、合板、木材(27)
手工芸、陶器 ・グラス(26)
食料品(30)
サービス(14)
その他(17)
 
工業団地別に選択
地域別に選択
国別に選択
 
 
 
 
5 件  
【I-GLOCAL】 ◆ JICA、ODA実施へ◆日本企業の海外M&Aの投資先として、ASEAN諸国の中でベトナムが2番目に◆2017年における水産物の輸出額が80億USDとなる見込み...
ベトナム統計総局のデータによると、2016年ベトナムの小売市場は1,180億USDに達し、2015年と比べて10.2%増加している。またベトナムは2017年年初において、AT Kearney コンサルティング社(米国)の世界小売業指数チャートで5つ順位を上げ、第6位にランクインした。
(2017年8月4日、nhipcaudautu)

8月10日、JICAは農業・農村開発省とODA(18.44億円、1,667.6万USD相当)に関する合意書を締結した。この合意は大雨・洪水による人的・財務的損害を最小限に抑え、持続可能な経済社会を発展させることを目的としている。
(2017年8月10日、thesaigontimes)

ベトナム水産輸出加工協会のレポートによると、2017年年初からの7ヶ月で、水産物の輸出額は43.2億USDとなった。輸出額にはマグロ、イカ、タコ、海水魚を含む。2017年下半期における水産物の輸出額は44.6億USD、2017年年間における水産物の輸出額は80億USDとなることが予想されている。
(2017年8月4日、vneconomy)

日本では農業人材が不足している。そのため多くの日系企業及び農業協同組合が日本で働く研修生と労働者を募集しようとベトナムへ視察へ来ている。
(2017年8月12日、tuoitre)

RECOF(日本)のM&A統計によると、2016年ベトナムは日本企業の海外M&Aの投資先として、ASEAN諸国の中で2番目(M&A件数は22件、M&A規模は約2.39億USD)に多かった。また2017年の年初から6ヶ月間におけるM&Aの件数は10件で、M&A規模は約0.82億USDである。
(2017年8月10日、tuoitre)

ベトナム国家予算のうち、日本企業の寄付金割合は非常に高く、海外投資企業からの寄付金のうち約30%を占める。これを受け、8月10日ハノイ税務局は日本商工会議所にベトナム税務に関する情報を共有しようと会議を開催し、日本からの投資により運営されている企業にとって有利な条件を策定した。
(2017年8月10日、vietnamplus)

【カンボジアのヘッドライン】

タイ政府はカンボジア、ベトナム、ラオス、中国、ミャンマー、オーストラリア、日本、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、イギリス、カナダ及び米国の18ヶ国に対して最大10年間まで、医療滞在ビザを発行する予定であるとのこと。
(2017年8月14日、Khmer News)

2017年8月12日発行カンボジア商業省令3790号によれば、原産地証明書の申請が急増し、電子登録システムが機能しなくなったことに関して謝罪を行い、当問題解決のためシステム更新を行っているとのこと。
(2017年8月14日、Phnom Penh Post)

JC International Airlines社は2017年8月15日にAirbus A320航空機を購入追加した。当該航空機の乗客定員は約180人である。新航空機を含め、当社は4台の航空機を所有する。9月中には5機目を購入し、2018年には6機目を追加購入予定である。
(2017年8月16日、Phnom Penh Post)

このニュースの続きを見る≫
2017年08月17日
【I-GLOCAL】 ◆ハノイの洪水による損失を減らすため日本が支援◆今後5年間のアジア地域においてホーチミン市は2位の成長都市◆ASEAN地域におけるベトナムの貿易収支は240億3千万...
9月9日、ホーチミン市のDong Khoi通りのVincom Centerにおいて、スウェーデンの国際的ファッションブランドHennes & Mauritz AB (H&M)は売り場面積2,200 m2の最初の店舗を設立予定である。
(2017年8月9日、vietnamplus)

8月9日、ハノイ市建設局、横浜市環境創造局及び国際協力機構(JICA)の3者は、「下水道事業運営に関する能力開発計画(フェーズ2)」案件の合意文書に署名した。
(2017年8月9日、baomoi)

Oxford Economicsの研究によると、今後5年間のアジア地域においてホーチミン市は2位の高成長都市(1位デリー)となる見込である。2021年までにホーチミン市のGDP成長率は毎年平均8%に達すると予想される。
(2017年8月10日、vnexpress)

ベトナム計画投資省国家経済社会予測・情報センターによると、ベトナムGDP成長率は2017年に6.5%に達し、消費者物価指数(CPI)は平均4%に達すると予測される。
(2017年8月9日、cafebiz)

CBRE Viet Namの情報によると、2017年年初から半年間で、ダナン市のホテル市場には五つ星ホテル1軒及び三つ星ホテル3軒が新たに開業した。それにより客室が1,000以上増加し、合計客室数が12,969室に達した。
(2017年8月10日、cafebiz )

税関総局の最新統計によると、2017年6月までに、ASEAN地域におけるベトナムの貿易収支は240億3,000万USDに達した。
(2017年8月9日、tuoitre)

【カンボジアヘッドライン】

2017年8月8日、プノンペン水道公社PPWSAはChamkamon 区の浄水場容量拡大プロジェクトに関して、VINCI Construction Grands Projetsと覚書(MOU)を締結し、約2300万USDを投資することを発表した。当プロジェクトは2017年9月に工事開始予定、2018年末に完了が見込まれている。現在、浄水場の能力は20000m3/日であり、拡大工事が完了すれば52000m3/日の浄水が可能となる。
(2017年8月9日、Postnews)

プノンペン市内の大型複合商業施設プロジェクトであるOlympia Cityの一環であるOlympia Plazaスーパーマーケットは2018年末に正式オープン予定である。当スーパーマーケットは8階建て、総建設面積は約50000m2で、投資総額は約8千万USDに上る。
(2017年8月12日、Rasmeinews)

アンコールエンタープライズの発表によれば、2017年7月のアンコール・ワット入場者数は182,632人で、入場料収入は8,223,684 USDであり、そのうち、国庫へは7,858,420 USD納められ、残りの365,254USDはKuntha Bopha病院へ寄付されるとのこと。
(2017年8月12日、Rasmeinews)


このニュースの続きを見る≫
2017年08月14日
【I-GLOCAL】 ◆外国人の住宅所有可能期間を99年に◆野菜・果物の輸入額が6億5,900万USDに◆投資額5,297万6,000 USDでハイテク農業区建設へ◆…
現在、外国人の住宅保有可能期間を99年まで延長する草案が出ている。これが実現すれば、より一層投資が誘致される可能性が高い。
(2017年8月5日、thanhnien)

ベトナム不動産協会によると、2017年年初6ヶ月間において、不動産業界の中でもリゾート不動産への投資が最も多い。
(2017年8月8日、cafef)

2017年年初7ヶ月間において野菜・果物の輸入額は6億5,900万USDに達した。ベトナムは毎月平均で、野菜・果物輸入の為に9,414万3,000USDを支払っていることになる。
(2017年8月6日、tuoitre)

Tien Giang省の人民委員会によると、同省は2030年に向けて、Chau Thanh県、Tan Phuoc県に面積197haに及ぶハイテク農業区を建設する為に5,297万6,000 USDを投資する。建設期間は2017-2030年を予定している。
(2017年8月7日、dangcongsan)

8月2日、ホーチミン市観光局は23-9公園、Bach Dang公園に観光情報センターを設置した。当センターは面積55平方メートルで、観光客に情報、観光ブックを無料供給する。
(2017年8月2日、thesaigontimes)

ベトナム水産加工輸出協会によると、2017年上半期の水産輸出額は36億USDにのぼり、前年同期比で14.7%増加した。増加した理由はマグロ、イカ、タコ、海水魚の輸出が急増したためである。
(2017年8月4日、vneconomy)


このニュースの続きを見る≫
2017年08月10日
【I-GLOCAL】 ◆管轄する企業は8,200社新規設立された◆Bac Lieu省は投資を誘致する多くの政策がある◆7月のCPIは前月より0.11%上昇した...
建設省が記者会見第II / 2017号において発表したデータによると、今年最初の6ヶ月間に建設省が管轄する企業は8,200社新規設立された。そのうち2,300社は不動産取引企業である。
(2017年8月3日、baodauthau)

Bac Lieu省計画投資局によると、同省には2011年から現在まで、小規模産業、サービス、貿易、観光及び都市インフラ等の分野への投資を誘致する多くの政策がある。総容量99.2MWのBac Lieu風力発電所、年間生産能力約5,000万リットルのSai Gon - Bac Lieuビール株式会社、ベトナム石油ガスグループの包装工場、韓国企業とVinatexグループの衣料品工場などが典型的なプロジェクトである。
(2011年3月8日、dangcongsan)

韓国のYonhap通信によると、韓国最大のコンビニエンスストアのオペレーターであるGS Retail社は、合弁会社を設立する為にベトナムのSon Kimグループと協力合意書を締結したことを発表した。 今年中にベトナムで初めてGS25コンビニエンスストアを開設する計画がある。(2017年8月2日、thesaigontimes)

水産物は、アルジェリアへのベトナムの輸出品目の第5位を占めており、輸出額は年間900万〜1000万米ドルである。
(2011年4月8日、vinanet)

統計総局が7月29日に発表したデータによると、7月のCPIは前月より0.11%上昇した。 これは過去5年間におけるCPI上昇率では最低値である。
(2011年7月31日、vinanet)

ベトナムHSBC社長Pham Hong Hai氏によると、最近3年間でASEAN諸国の企業はベトナムに投資先を移している。その傾向は、今後5年間にわたり力強く継続すると考えられる。
(2011年2月8日、thesaigontimes)

【カンボジアのヘッドライン】

2017年10月、バッタンバン州において中国の大手セメント会社CONCH CEMENTはセメントの生産を開始する予定である。当工場への投資額は約2.3億USD であり、セメント生産能力は10,000トン/日となる見込みである。
(2017年8月5日、Post News)

観光省によれば、2017年上半期にカンボジアを訪問した外国人観光客は266万人であり、前年同期比約12%増となった。そのうち多くは中国人であり、観光客数は前年同期比約40%増となる約53万人、年末までに100万人まで増加するする見込みである。また、今年末までに外国人観光客総数は550万人まで増加すると見込まれている。
(2017年8月3日、Rasmei News)

カンボジア証券取引委員会(SECC)によれば、2017年8月1日付で債券発行省令の草案を承認した。草案は10章51条からなり、担保付債権(secured bond)、保証債券(guaranteed bond)および無担保債券(plain bond)に関する規制や発行手続等が記載される。
(2017年8月3日、Phnom Penh Post)

このニュースの続きを見る≫
2017年08月07日
【I-GLOCAL】 ◆ニュージーランドに向けたランブータンの輸出開始へ◆日本、ベトナムにおける第一投資家へ◆ハノイ、GRDPが年8.5〜9.0%の成長することを目標に…
ホーチミン市のバクダン公園において、ベトナムにとって最初の船着き場が近々完成する見込みである。
(2017年7月26日、thesaigontimes)

ベトナムは2017年度中に、ニュージーランドに向けて、ランブータンの輸出を開始する。検疫手続きが終わり次第、輸出が開始される予定である。将来、輸出先が拡大される見通しとなっている。
(2017年7月27日thesaigontimes)

統計総局によると、2017年年初からの7ヶ月間において、62か国がベトナム新規プロジェクトへ投資している。投資額が最も多いのは日本で、その投資額は48億830万USD(総額の37.2%)となっている。
(2017年7月30日、dangcongsan)

株式会社Liwayway VietnamのOishiブランドは、1997年の販売開始から20年経った今でも、常にスナック市場で圧倒的な地位を築いている。
(2017年7月30日, thanhnien)

統計総局によると、2017年7月の消費者物価指数(CPI)は、前月比及び同期比でそれぞれ0.11%、1.3%しか上昇していない。直近5年間で最も低い成長率となっている。
(2017年7月29日, thanhnien)

ハノイは2016年‐2020年にかけて、GRDP(Gross Regional Domestic Product)が毎年8.5〜9.0%成長することを目指している。GRDPが1人あたり6,700‐6,800USDとなるよう、約2,500万億‐2,600万億VNDの投資を呼び込む必要がある。
(2017年7月30日, kinhtedothi)

【カンボジアのヘッドライン】

シアヌークビル自治港(PAS)の総計データによれば、2017年上半期のシアヌークビル自治港での取扱コンテナ総数は約211,719 TEU、前年同期比7.67%増となった。その内輸入コンテナ数は約107,181 TEU、輸出コンテナ数は約104,538 TEUであった。
(2017年8 月1月、Phnom Penh Post)

2017年7月28日、航空会社Cambodia Angkor Air(カンボジア・アンコール航空)は、初となる国際航空運送協会(ITAT)の安全運航監査プログラム(IOSA)認証を取得したと発表した。同社は現在、国内の保有機材数は6機である。
(2017年8 月1月、Rasmeinews)

バングラデシュ政府はカンボジア政府と間で年間100万トンのコメ購入に関する覚書に署名した。当覚書によれば、2017年8月以降、5年間に渡ってカンボジアから毎年100万トンのコメがバングラデシュへ輸出されるとのこと。カンボジア農林水産省の総計データによれば、2017年上半期のコメ輸出量は288,562トン、前年同期比約7.6%増となった。
(2017年8 月1月、Kohsantepheap)

このニュースの続きを見る≫
2017年08月03日
 
 
 
ユーザー名
パスワード