Japan - Vietnam Industrial Directory

  • TOP
  • NEWS LIST
  • ベトナムへの入国を希望する皆さまへ(2021年2月現在)(在ベトナム日本大使館)
 
   
ベトナムへの入国を希望する皆さまへ(2021年2月現在)(在ベトナム日本大使館)
2020年6月19日、日本政府及びベトナム政府は、自国の新型コロナウイルス感染症防止対策に関する規制の十分な厳守を確保した上で、今後、両国間の往来に対する制限を部分的・段階的に緩和していくことで一致しました。また、10月19日、日越首脳会談において、両国首脳は、ビジネストラックの運用開始と、双方向の定期旅客便の再開について合意しました。

最新の情報に関しましては、在ベトナム日本大使館の「ベトナムへの入国を希望する皆さまへ」のページをご確認ください。

在ベトナム日本大使館「ベトナムへの入国を希望する皆さまへ」
https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20200731nyuukoku.html

【最近の状況】
◆ 変異ウイルスの発生に伴う措置
 1月5日、ベトナム政府首相は、変異ウイルスの感染が発生した英国、南アフリカからベトナムに入るフライトの一時停止を指示しました(2021年首相指示1号)。現時点においては、日本からの入国について特段の制限は設けられていませんが、世界での新型コロナウイルス感染症流行の状況に伴い、ベトナム政府当局が急遽、水際措置を強化する可能性がありますのでご注意ください。

◆ ベトナムでの滞在期間が14日を超える場合
 日本のレジデンストラックに相当します。
 ベトナムでの勤務先企業(機関)が個別に申請・手配することにより、駐在員、そのご家族及び出張者の皆さまはベトナムに入国することができます。ただし、手続きには、1か月半から2か月要するほか、入国後、14日間、隔離施設(ホテル)に滞在する必要があります。また、隔離終了後、14日間、ご自身で健康観察、濃厚接触歴の日時記録、外出の差し控え等を行うことになっています。隔離期間終了後の扱いは、勤務先又は居住先の省・市によって異なります。

◆ ベトナムでの滞在期間が14日以内となる場合
 先般の首脳会談での合意を受け、ベトナム外務省は、2020年11月1日から優先往来制度の適用を開始する旨発表しています。
 「優先往来制度」は、日本のビジネストラックに相当する制度です。現状では、(1)日本在住の方で、(2)ベトナムでの滞在期間が14日以内であって、(3)商用目的で渡航する者を対象としています。あらかじめ承認を受けた用務で外出する場合を除き、隔離施設(ホテル)に滞在することとなります。
(注)現在、一部の隔離施設(ホテル)では受入れを停止しているとの情報がありますのでご注意ください。詳細は、隔離施設の所在地を管轄する省・市に照会してください。

◆ 国際定期商用便の再開
 先般の首脳会談での合意を受け、現在、ベトナム政府当局は、国際定期商用便の再開に向け、外国からの旅客の受入れに関する手順等を検討しています。ベトナム政府当局の準備が整った後、国際定期商用便が再開される予定です。目途がつき次第、本ホームページに掲載いたします。

引用:在ベトナム日本大使館
25 February 2021
Fact-Link Vietnam